国内ニュース

AI後進国ニッポンが危ない! 米国や中国に比べて大きく出遅れ

投稿日:2018年6月11日 更新日:

AI後進国ニッポンが危ない! 米国や中国に比べて大きく出遅れ
1 :ノチラ ★ 2018/06/05(火) 19:09:06.57 CAP_USER.net

ディープラーニング(深層学習)に代表されるAI技術の活用ビジネスで、米国はもとより中国に比べて大きく出遅れている日本。「世界で勝てる感じがしない、敗戦に近い」という松尾豊・東京大学大学院特任准教授の強い危機感をきっかけに、日本のAIビジネスの現状をレポートした特集の第1回。危機感を抱いているのは松尾氏だけではない。

「日本はヤバい、(米国や中国はもとより)ドイツにも後れを取っている」。これは、AI(人工知能)スタートアップ企業ABEJA(東京・港)の岡田陽介社長 CEO兼CTOの発言だ。今年4月11日、楽天の三木谷浩史会長兼社長が代表理事を務める、新経済連盟主催のイベント「新経済サミット(NEST)2018」の中で開かれたパネルディスカッション「世界のAI戦略の最新動向と日本の立ち位置」で、パネリストの一人として登壇したときのことである。「日本の製造業のAI投資額は、2.5兆円の米アマゾン(・ドット・コム)に比べると桁違いに少ない」(岡田社長)と言うのだ。

同じくパネリストとして登壇した楽天技術研究所の代表である森正弥執行役員は「中国やシンガポールはもっとすごい。中国の(電子商取引大手)アリババ集団はAIに1兆円投資している。日本は勝負にならない」と一刀両断した。
http://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00004/00001/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1528193346/
2 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 19:13:48.32 tBJECKj.net
日経の飛ばしに乗っかって得したことがあるやつっているのかな?
3 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 19:14:49.08 PzUtcehk.net
オリンピック終わった頃にはAIブームは終わってる
5 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 19:20:31.93 8U14tYoQ.net
AIに限らずIT全般で負け続けてるんだから負け戦は最初からしないのがせいかい!
8 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 19:27:03.49 9VhCr3cQ.net
つかAIのどういった分野で勝負するのかが重要なので
まさか全般に手を広げて対抗できるとか思ってたわけじゃないよね
JALカード 審査は意外にも簡単!
10 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 19:34:10.30 S9bBpo5K.net
AIどころか、日本のIT産業自身がとっくに世界から周回遅れだろう
日本ができるのはせいぜい IT奴隷で、欧米様のパッケージソフトの
客の無駄な我侭に合わせたカスタマイズ労働だよ
11 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 19:36:14.54 ksWQGecM.net
研究していた部署は外国の株主から利益率が低いと追求されつぶれて、
ほとんどが前より高給で雇ってくれる中国企業の東京支店に行きましたとさ
15 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 19:48:41.53 JI6beNyD.net

うちの会社じゃPCは事務処理専用機である。

社員はコピー紙の使い回し。

29 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 20:05:31.85 l6UgDvjI.net
アンドロイドはロボットとは違う
日本人の発想はロボットで終わってるからやばい
36 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 20:15:47.49 sGdzWIz2.net
これまでの「機械化」といえばロボットであって、これは日本もそれなりの競争力を持っていた
しかしこれからの「機械化」はAIの割合がどんどん増えていくだろう
その時、日本勢の競争力は…皆無だろうな
53 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 20:48:53.11 68NAaNn.net
日本でAIやってると言ってる技術者って、ほとんどがアメリカ人の作ったライブラリの使い方を覚えただけ
55 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 20:50:50.47 ogTVu6xS.net
世界のアホさ加減を見るとAIに置き換えたくなる気持ちも分からなくはない
59 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 21:04:11.55 QtbgW+Y+.net
ちょっとしたマクロで仕事早く終えて定時帰りすると卑怯者扱いされる日本でAIなんて無理無理
62 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 21:08:02.85 aecPCq94.net
かつてはアメリカに次ぐ二位だったが二位じゃダメなんすかwwwとか言ってる内に中国が一位取って
それをアメリカが追い越して
それをまた中国が追い越してを繰り返した結果がこれ
98 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 22:24:44.62 NDFFGy0B.net
>>97
日本人ほど創造的な民族は珍しいと思うけどね
中華料理の回るテーブルも日本人の発明
125 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 23:07:21.01 qrB+KM0e.net
他の国は、AIの頭脳ロボットで戦争する気だろう。
だから必死にならざろうえない。対して日本はお花畑だから。
131 :名刺は切らしておりまして 2018/06/05(火) 23:18:18.70 mmPEoy6K.net
まあ、勘違いしたまま喜んでればいい
投資額でしか語れない勘違い経営者は嘲笑の対象でしかないし
日経BPの劣化も哀れ
141 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 00:06:17.59 xDKvVgfA.net

(´・ω・`)
死んでいれば、もう死ぬことはないから100年は安心だというのはナンセンス

全体を捉えるならば生命維持装置のバブルバスのお蔭で
植物状態だから安心などではない。でもまあほぼ死んでるから
死んでも変わりないと言う点では安心だ

143 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 00:36:08.12 uk1BoVk1.net
近い将来、日本は中華圏に組み入れられると思うよ
有無を言わさずにね
148 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 00:46:51.92 xDKvVgfA.net

>>146
(´・ω・`)
だから買えよ
机上の空論言っても仕方ない

買ってAIって何とAIに教えてもらえ
しつこく聞いても怒らんから
バカの相手を24時間厭わずやってくれる愛こそAIだ

165 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 01:20:21.37 woYd+YEf.net

思いきってAIを拒絶する日本。
って方向で舵を切れば

もしかしたから
20年後とかには、あの時
日本を見倣っておけば・・・って
AIに支配された国々が思うかも

まあ、それまでの置いてきぼりな
20年間は地獄だろうけど

174 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 01:31:39.25 Pef5yogt.net

>>170
>高齢者にデジタル箸やデジタル皿などを使って貰って栄養素のデータ

そんな面倒なことをしなくても、スマホ画像を画像解析でどういうメニューかと量かを推定することができるところまではすでに来てる。
たしか何処かの会社か大学がやってた。
あとはサービスの部分とどうやってつなげるかと、データベースのような知識側をどうそろえるか。

187 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 01:42:05.75 HQfKqQYK.net
>>174
いちいちスマホ画像で撮るの面倒だから
介護施設とかの天井にカメラ付けて自動的に食事データ取得する方が良いね
あとlotトイレで便を解析とかが一般的になれば今までの予後治療より予防医療がメインになってくると思う
予防医療の点では高齢医療や介護が進んでる日本はアドバンテージがある
182 :大島榮城 2018/06/06(水) 01:37:39.31 aqjdYvIQ.net

>>178
人工知能の性能なみ、CPUの価格を問題にしないのだったら
日本電気のベクトルコンピューターですでに出来てる

アプリケーションソフトウエアが少ない
てか造れない感じ

216 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 02:21:50.67 HQfKqQYK.net
>>211
個人的にSHOWROOMって大したサービスじゃないと思う
何であそこまで持ち上げられてるんだろ
246 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 04:12:27.84 Zf2jNP8d.net
ロボット産業も後進国になったよな
ドローンも遅れてるし
251 :名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 04:31:12.14 0lUvPTJx.net

今、輸出関係の研究系職種の人は、みんな守秘義務で戦々恐々としている。
とても協力し合えるような状況ではない。

TOP経営者が共同研究などのGOサインを出さなければ、口すら利けないような状況だ。

-国内ニュース

Copyright© クレジットカードの知識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.