クレジットカードとは

ファミマTカードのポケットカードと伊藤忠が資本提携を強化

投稿日:

伊藤忠商事は3日、ファミリーマートで使えるクレジットカード「ファミマTカード」の運営会社、ポケットカードとの資本提携を強化すると発表した。

伊藤忠が出資比率を27%から46%に、関連会社のファミリーマートが15%から34%に高める。

2社で最大188億円を投じる。コンビニエンスストアでは金融で稼ぐ動きが強まっており、営業を強化する狙いだ。

伊藤忠とファミマはTOB(株式公開買い付け)で一般株主から株式を買い上げた後、三井住友銀行からも取得。

主婦に人気のおすすめクレジットカード7枚の特徴を分かりやすく解説!

三井住友銀の出資比率は35.5%から20%に下がる。投資額は伊藤忠が最大84億円、ファミマが104億円。株式の取得は来年3月までに終える計画。

ポケットカードは東証1部への上場が廃止になる。

クレジット付きファミマTカードの利用者は約270万人。伊藤忠・ファミマはポケットカードでの意思決定を迅速にし、新しい金融サービスの開発を急ぐ。

ファミマは昨年9月のサークルKサンクスとの統合で店舗が急増したため、クレジット利用者も増やす狙い。

伊藤忠は03年にポケットカードに出資した。ファミマの親会社、ユニー・ファミリーマートホールディングスには約35%を出資している。

-クレジットカードとは

Copyright© クレジットカードの知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.