クレジットカードとは

クレジットってどういうものなのかをまとめてみた。

投稿日:2016年10月11日 更新日:

そもそもクレジットって何?

クレジットカードって?

クレジットとは消費者が商品やサービスを購入するときの代金をクレジット会社が消費者に代わって立替払いするしくみのことになります。

たとえば、学生時代にコンパの飲み代を支払うときに手持ちの資金が足りなくて友人に建て替えて貰ったというような経験があるでしょう。
その場合、貴方は友人に自分の飲み代を借りたことになるし、友人からすれば飲み代を貸したことになりますね。

つまり、友人同士の信用に基づいたお金の貸し借りということになります。

クレジット会社は、この場合の友人と同じ役割を果たす立場です。
クレジット会社と加盟店契約を結んでいるお店で、あなたがショッピングや食事をした場合、あなたは現金の代わりにクレジットカードで代金を支払うことができます。

クレジットカードの利用は本人に代わってクレジット会社が代金を立替て支払ういう約束事の上に成り立っている仕組みになります。

当たり前ですが、クレジット会社に建て替えてもらった代金は、後日、クレジット会社に返済しなければなりませんね。

05

クレジットはお金の流れからみればクレジット会社に対する借金であり、時間の流れからみれば返済の先延ばしということになります。

また、分割払いやリボルビング払いの場合には返済の標準化(一度に支払うのではなく少額に分けて支払う)という機能を活用する事ができます、

ポイント

クレジットは英語に訳すと「信用」。

利用者の信用にもとづいた契約で、カード会社が代金を立替払いしてくれるのがクレジットカードのシステムです。

-クレジットカードとは

Copyright© クレジットカードの知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.