基礎知識

電子マネーの基礎知識

投稿日:

電子マネーってなに?

電子マネーとは、現金を使わずにカードやおサイフケータイ、ネット上で管理するデータのやり取りによって支払いを行う決済手段のことである。小銭を出したりお釣りをもらう手間が省け、よりスムーズに支払いをすることが可能。

電子マネーの種類を知ろう

①ハウス型…特定の企業、またそのグループ店など、利用できる場所が限られている。高還元のポイント制度や割引などがある場合が多く、利用回数の多い消費者にとっては大きなメリットがあると言える。

②汎用型…ハウス型と逆で、グループ外でも利用可能。

 

③交通系…電車やバスといった公共交通機関で利用できる。交通系の電子マネーの多くは買い物にも利用可能なので、交通利用に対しては「IC乗車券」と表現されることもある。

④買物系…買い物に利用できる。

 

⑤リアル型…カードやおサイフケータイなどを使用し、実際に店舗で支払うことができる。

⑥ネット型…カードの発行がなく、ネット上での仮想マネーとして使用する。銀行振込やクレジットカード、コンビニなどで売っているプリペイドカードでチャージすることができる。

 

⑦プリペイド…事前に入金(チャージ)した金額の範囲内で支払う。つまり前払い。チャージ機能はないものの、残高がゼロになるまで何度でも使えるものもある。

⑧ポストペイ…クレジットカードや銀行口座などと紐づけ、利用した額が後日引き落としされる。つまり後払い。

 

⑨IC式(非接触型)…ICチップを搭載しているカードやおサイフケータイを端末にかざす(差し込む場合の端末もある)ことで支払いが完了する。

⑩磁気式(接触型)…カードの磁気ストライプを読み込んで支払う。

 

プリペイドカード急増により取捨選択が重要に・・・

多くの種類のプリペイドカードが出まわるようになったのは、発行コストが大幅に安くなったことや、商品券が需要に伴い電子マネーへと変わっていること、顧客データの収集などが要因として挙げられる。しかしこれだけ多いと私たち消費者は、何を選べばいいのかわからない。トクだけを追求しすぎてしまうと、財布の中がいつのまにかカードだらけになってしまう。

ハウスカードは利用回数が多い店だけ、電子マネーやクレジットで支払いができる店では作らない。など、自分の中で基準を決めることが重要だろう。

-基礎知識

Copyright© クレジットカードの知識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.